お 食 い 初 め の 料 理     お子様のお祝いの料理として

お食い初め膳 2,000円(税別)(お子様用)
(尾頭付き鯛の塩焼き、吸い物、煮物、梅干し、赤飯)
ご家族のお料理は季節の会席コースからご予約承ります

形式ばったお膳ではありませんが現代風で こんな感じになります。
形式を重んじられるお客様には不向きです。


膳の内容は一汁三菜が基本です
1 鯛などの尾頭付きの焼き魚 
  (海のもの、大海を乗り越え大きな成長を願います)
2 すまし汁
  (水、心がうるおった人になれますように。
3 煮物、季節の物をお出しします
  (山のもの、山のように雄大で長寿でいられますように)
4 香のもの梅干
  (塩、寒さに耐え実を結びますように、しわの寄るまで丈夫で長生きできます様)
5 赤飯、白飯(穀物、陽の恵みをたっぷり受けられますように)
6 また 歯固めの儀といって、小石を三個(赤(茶系)、白、黒の三色の石)
  用意し、赤ちゃんにかませて「歯が丈夫になるように」と祈願する風習が
  あります。 産土神(うぶすながみ)である神社でいただくか、川原で拾っ
  てきます。
※歯固めの石は用意していません

お食い初めの時期

お食い初めは赤ちゃんが生まれてから百日目に行なうのが一般的です。
地方によって百十日目、百二十日目などに祝うところもあります。
これもピッタリその日に行なわなくても100日前後でよいようです。
儀式をのばせば『食いのばし』といって、赤ちゃんが長生きできる、と伝えられていて
生後百二十日よりも少々遅れても大丈夫なようです。


お食い初めのやり方

お食い初めの儀式に参加された ご家族で一番長寿のおじいちゃん又はおばあちゃんがひざに 赤ちゃんを、抱いてお箸で食べさせる真似をします。 長寿にあやかるという意味で、男の子ならおじいちゃんが、女の子ならおばあちゃんが務めます。今は昔からの作法にこだわる方々は少なくなってきました。
『我が子が一生食べ物に困りませんように』
『丈夫な歯が生えますように』と
集まった家族全員で年齢順に「ご飯おかず」を繰り返し、心を込めて願いながらお祝いし和気あいあいとすすめられてはいかがでしょうか。

一般的なお食い初めの行い方は  
1、ご飯、お吸い物、 
2、ご飯、お魚、   
3、ご飯、 お吸い物の順番に赤ちゃんの口につけ、それを3回繰り返します。
この後歯固めの石に箸を触れてからその箸を赤ちゃんの歯茎にそっとあてて「石のように丈夫な歯が生えるように」とお願いをします
。(石の代わりに栗をかたどった箸置きを代用できます。)


写真撮影はお手伝いしますので声をかけてくださいね。

●「歯固めの儀」
小石を用意し(3個の地域が多い)、その小石を赤ちゃんにかます、または小石に触れた箸を赤ちゃんの 口に 触れさせ、「丈夫な歯が生えますように」と祈願します。
河原や境内で小石を拾ったり、また神社によってはいただけるところもあります。

参考
熱田神宮
塩釜神社
深川神社 0561-82-2764 愛知県瀬戸市深川町11
貴船神社 052-701-0077 愛知県名古屋市名東区一社3丁目14
日吉神社 052-774-7293 愛知県名古屋市名東区上社2丁目45-1




inserted by FC2 system