Profile

旬亭は 昭和61年9月10日よりオープンして以来
素敵なお客様とともに今年30年を迎えることができました

ありがとうございます


故宮澤退助氏に師事し東京の料亭「草津亭」にて修行

旬亭の献立には師宮澤の

「見た目も大事だけれど、まず美味しいものを作る」の教え

のとおり、手仕事がすっきりとした飾り付けの中に生きています。

また洋食修業時代に得た知識をアレンジして独自の料理を

「口代り」として会席の中にとり入れ飽きのこない献立作り

を心がけています


毎日市場に出向き新しい素材に目を利かせ

季節の素材を吟味し献立を立てていますので何度ご来店い

ただいても新鮮な感覚でお食事を愉しんでいただいています

また30年の深みの増した?旬亭の大将という人間も一つの

味としておもてなしできることと思います


これからもどうぞよろしくお願いいたします


どうぞごゆっくりお過ごしください




東京浅草田圃 草津亭 調理場にて



高校を卒業して名古屋駅前の「レストランブギ」に入店
その後
料亭井膳熱田店の店主に紹介され東京浅草「草津亭」にて6年間
宮澤退助師のもとで修業

       

                      
草津亭時代には宮内庁の大膳にお手伝い、箱根「塔ノ沢温泉元湯 環翠楼」に実質板長として応援に出る

後 神田明神下、料理「佳奈」で板長を務めるが、宮澤師の勧めで
関東自動車「葉山荘」を立ち上げるための料理長として任される

その後名古屋に戻り
1986年9月に「旬亭」をオープン

思い出


宮澤師の献立

この暗号のような献立を解読するのが至難の業




草津亭調理場にて仕込みの最中 煮方の頃

昭和61年9月10日 旬亭オープン




・ベビーカーで寝ていたり、ちょろちょろしておりました子どもたち


無事成人して結婚したり子どもができたりと人並みにさせていただいております。
大変お世話になりました


現 在


素敵なお客様とともに歩み31年を迎えることができました
本当にありがとうございます

これからも季節の素材を吟味し、旬亭が培ってきた伝統の料理や
新しい感覚の料理を献立し、食事を楽しんでいただきたいという思いで精進してまいります

お客様との会話もおいしい時間として一緒に過ごさせていただけることを幸せに思います
「今日もうまかったぁ」と言って笑顔で帰られるその時が自分に一番の褒美です


これからもどうぞ宜しくお願い致します



来年夏以降旬亭はお休みします
長い間ありがとうございました
また進展がありましたら連絡させていただきます



inserted by FC2 system